一般歯科の診療方針 ~いつまでも白い歯で~

 茂理歯科医院ではなるべく銀歯を使わない修復治療を心がけています。
 白い歯の中にも保険が効く治療法があるのをご存じですか?
 当院では原則としてCR(コンポジットレジン)修復という方法を採用しています。
 これは、安価でありながら審美面も満足させ、また、金属アレルギーを心配なさる方にも安心な方法です。
 
※但し、穴が特に大きいなど虫歯の状態によっては、インレーをお勧めする場合もあります。
修復方法について  
  ■ アマルガム

 亜鉛やスズなどの金属粉が水銀を混ぜ合わせることにより固まる性質を利用して虫歯を詰める方法です。
 100年の歴史を誇る方法ではありますが、
●水銀を使用する為、患者様のみならずスタッフや環境にも悪影響があること。
●歯としっかり接着しない為、耐久性に欠けること
●周囲の齲蝕による変色で審美面でも問題があること
などの理由で、現在はほとんど用いられません。
 
 当院では、歯の状態にもよりますが、古いアマルガムを外してCR(コンポジットレジン)修復への変更をお勧めしています。
 

アマルガムの破折、周囲の齲蝕による変色

アマルガムを除去したところ
歯質の変色、および内部の齲蝕による変色

変色および軟化牙質を除去した所

CR(コンポジット・レジン)の
充填をして、治療を終了した状態

■ CR(コンポジットレジン)修復

 光に反応して硬化する樹脂を用い、非常に強い可視光線を照射して硬化させる方法です。
 虫歯に詰める前に歯の表面を化学処理し、直接接着させてしまいますので、非常に強固に接着し隙間ができません。
 顕微鏡レベルで見ても隙間が確認できないほどの精度を誇ります。
 また、色も歯と同じですので、審美的にも非常に優れています。
 お口の中で固まった後で噛合せの調整をしますので、患者さん固有の噛合せを容易に再現できます。
 現行の健康保険で治療する事ができるのも利点です。

■ インレー

 虫歯を削った穴の型を取り、石膏で模型を作り、模型上で作った蝋型を耐火埋没材に埋めて蝋を高温で溶かし、出来た鋳型に溶けた金属を流し込んで作ります。
 それをセメントと言う接着材で歯にはめ込みます。

 CR(コンポジットレジン)では難しいような
広い範囲の齲蝕による欠損を修復可能ですが、
●複雑な工程を経て作るので誤差が出易く、ぴったりはめ込むのが難しい。
●接着に使ったセメントが溶けてしまうと深い隙間ができ、
 そこから再び虫歯になり易い。

という欠点があります。

 金属(金パラジュウム銀合金)の物は保険適応です。

 保健適応外となりますが、ジルコニアインレーは、
非金属のジルコニア(セラミックス)を使うことで、
●金属アレルギーをお持ちの患者様
●より審美的治療をお望みの患者様
にも満足頂けます。

 一度入れた金属インレーを除去して
ジルコニアインレーに換えることも出来ますのでご相談下さい。

 前回、金属を外して 形をとり
作成したジルコニアインレー
口の中に装着したジルコニアインレー

無痛治療について  
   歯の治療を受ける時、できればなるべく痛い思いはしたくないものです。
 麻酔をすることで、痛みをほぼ感じない治療は出来るのですが、「そもそも麻酔の注射自体が痛い」という患者様の声を良く耳にします。
 当院では無痛麻酔を追求し、できるだけ麻酔をかける時から痛みの少ない治療をこころがけています。

無痛麻酔の特徴

 表面麻酔の塗布

 表面麻酔薬を麻酔を打つ部分に塗ってから麻酔の針を挿入します。
 表面麻酔の効果により針を刺す際のチクッという痛みを防ぐことができます。

 麻酔薬の加温

 麻酔薬を常温で用いると体温との温度差があるため、注射時に体が過敏に反応してしまい、それが痛みとして感じられることがあります。
 当院では、麻酔液を最も痛みを感じにくい37度に温めています。

 極細注射針の使用

 当院では無痛治療を行うために31~33Gという最も細いサイズの注射針を使用しています。
 人体表面に分布する痛点(痛みを感じる点)を刺激することが少ない為、注射針を刺す時の痛みをさらに軽減できます。